生産国 ハンガリー(Hungary)
素材 磁器 (Porcelain)
サイズ 約10.5cm×8.5cm / 高さ 約4.5cm
ブランドBOX 付属しておりません。
※使用上の注意 こちらの商品につきましては1点ずつ手描きで柄に個体差があり、HP上でご紹介の商品とお届けする商品が異なる場合がございます。
商品につきまして 商商品は1点ずつ手描きのため個体差があり、同型番の商品であってもお届けする商品が画像と異なる場合がございます。
絵柄、モチーフの違い、位置等、一点物の為、予めご了承くださいませ

ヴィクトリア女王由来のシリーズ

東洋と西洋の文化が交わるハンガリーならではの、美しい花々や蝶が描かれたシリーズ。
ヘレンドの代表的なシノワズリへの系譜も感じ取れる、奥ゆかしさとしなやかな美が醸し出される逸品です。

ヴィクトリアシリーズは1851年ロンドンの万国博覧会で大賞を授かりました。
当時は無名だったヘレンドのディナーセットをヴィクトリア女王が選んだ事がきっかけで、上流階級の人々はビクトリア女王が選んだディナーセット<ヴィクトリア>のと同じセットを買い求めたと言います。

全て手描きの絵柄

ヘレンドはヨーロッパ貴族の間で昔から愛用されているブランド。
ヴィクトリア女王、ハプスブルグ家、ロスチャイルド家などヨーロッパの名門と呼ばれる 上流階級の間でも親しまれる理由は、世界最高峰の手描きの絵付けです。
1826年、ハンガリーの首都ブダペストから車で2時間程の場所にあるヘレンド村で、ヴィンツェンツ・シュティングル(Vinzenz Stingl)がヘレンドを創業。
焼き物の盛んだった地帯であり、16世紀からマヨルカ陶器の産地としても知られ、シュティングルは質の高い磁器生産に向けて試行錯誤し、フィッシェル・モールが1839年に引き継ぎ、発展させ、現在の基礎を築きました。
その頃ヘレンドの顧客はハンガリーの貴族が主でしたが、1842年にはヘレンド磁器製造所として帝室、王室御用達と承認され、皇帝フランツ・ヨーゼフの庇護を受けます。
その後、世界万国博覧会の舞台でヘレンドの名声が世に轟く事となりました。

質への拘り

ヘレンドの商品は一つ一つ一流のペインターの 手描きによって描かれております。
その為一点一点「絵の位置・色・形」、「花の位置色等」が異なります。
ペインターの個性をご堪能下さい。
たとえ同じシリーズの同じ商品であっても 世界に二つと全く同じ物のない逸品です。
これはヘレンドを持つお客様にとって『世界に一つだけのプレミアム感』と言え、天秤の対が無い程の価値を有する宝物になる事をお約束致します。